初めて此処へ迷い込んでしまった方へ

はじめまして!! ようこそ、星天エゴイスト★(元・俺の力は無限大?)へw 人物名など、専門的な(?)用語があるので、 分からない時や困った時は、 こちらの総集編をご覧ください★       総集編の最終更新日は3月29日です。

ぷろふぃーる

清

Author:清
学校の先生を想い続けて約3年。

猪突猛進なエゴイスト王子(※♀)。



随時友達募集中(笑
コメント&メールも大歓迎~w


キリ番は踏んでも基本何もナイですw




カテゴリー

最近の記事

最近のらぶれたぁー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
踊りw
今日は、明日の踊りのリハーサルに行って来ました。

所詮はリハーサル、ウサギくんは来るハズがない!!と思いながら、駐車場の車をチェック。

モチロン、ウサギくんの車はありませんでした


ところが、どっこい!!


清たちが来て、30分程度経ったとき。
彼は、指定された緑色のTシャツに身を包んで、颯爽とやって来ました。

↓ねくすと↓

一緒に来てたG先生に話しかけつつ、ウサギくんに接近。
ウサギくんと話そうと思ったんですけど、すぐにボスがやってきて、ウサギくんを攫って行ってしまいました

その後、再びウサギくんが戻って来た時に、ウチワで攻撃すると、カメラの脚で反撃されました。笑


で、ステージの上でどこかの高校がパフォーマンスをしている、薄暗い闇の中、上手いこと2人きりになっちゃったので、これはチャンスだ!!と思い、話しかけました。



「写真、撮りに来たんですか?」って聞くと、「んっ?聞こえへん」って、ウサギくんが、メッチャ顔を近づけてきて・・・・・/////////
なので、ウサギくんの耳元でもう一度、「写真、撮りに来たんですか?」って。
そしたら、今度はウサギくんが清の耳元に・・・・・(激照

兎 「そうやぁ」
清 「先生、そうやってTシャツ着てると、生徒にしか見えない(笑」(生徒もスタッフは緑Tシャツ)
兎 「・・・・・」
清 「冗談だよ、先生(笑  格好良いですよ」←本音
兎 「こっちの方が涼しいねん」
清 「あー、そっかぁ。ウチらの踊りの衣装、メッチャ涼しいですよ(笑」
兎 「お前等、いつ踊るん?」
清 「この次です。ちゃんと撮ってくださいよぉ!ウチ、端っこだから、映ってないときがあるんです」
兎 「下手くそやったら、撮らへん」
清 「大丈夫ですよぉ、完ぺきです
兎 「失敗するとこないくらい、簡単なんやろ?」
清 「そんなことないですー!!」
兎 「それやったら失敗するんちゃう?(笑」


お互いの耳元で会話することを暫く繰り返しながら、暗闇の中で、ウサギくんの横顔を見つめてました。


そして、清たちのリハの番になって、「じゃぁ、先生、ちゃんと写真撮ってくださいね」って言って、ウサギくんの傍を離れました。


そして、練習終わってから、再びウサギくんのところへ。
「先生、どうだった?」って聞くと、「寝てたって。

いやいや、そんな可愛く言われても!!

あんなけ「ちゃんと清のこと見てて的なラヴコールを送ったのに!?


まぁ、そのまま会話を続けたわけですが。
ウサギくんとの話が終わったあと、周りを見回してみると・・・・誰もいない!!

オドオドしつつ探し回ったんですけど、どこにもいない!!


そのまま十数分が経過したとき、お弁当を手にしたウサギくんに逢いました。

清 「先生、絆チャン知らん~?」
兎 「知らんー」
清 「先生、捨てられたぁー」
兎 「俺、今からご飯やで」
清 「あっ、じゃぁ、一緒に食べよ?」
兎 「学校に帰って食べるし」
清 「じゃぁウチも学校に行くッ」
兎 「アカヘーん」
清 「お願いお願いっ独りで食べるの寂しいし」

ここで、清はウサギくんの服の裾を引っ張りながら、ウサギくんに付いていきます。

兎 「あっ、あそこに知った顔の人がいはるでー」
清 「あっ、●●(ブラック無糖)先生!」

他校の女の先生と仲良さそうに歩いてた無糖先生は、ウサギくんにくっつてる清を見た途端、すごい笑顔になって、「何やってんだ、お前ら(笑」って。

清 「助けてください、攫われます」
兎 「お前、勝手について来て何言うとんねん!(笑」
清 「先生、ホラ、せっかくのTシャツが伸びちゃいますよ」
兎 「もう1枚あるから別に良い」
清 「お願いしますッ」
兎 「いーやーだ
清 「薄情者~

仕方ないので、ウサギくんと別れて、再び絆チャンを探しに行くことにしました。
結果的に一応合流出来て。

そして、午後の練習が始まって。
待機してるときに、ウサギくんの方を見ると、ウサギくんと目が合って。
スグに反らされたんだけど、何気に嬉しかったり


そして、リハ終わって、開会式が終わったあと、学校に戻って、踊りの練習があったんですけど、学校に戻ってから、また職員室に行ってきました。

清 「失礼しまーす」
兎 「おぅ、ご苦労さん」
清 「先生、言い忘れてたんですけど、手紙読みました?」
兎 「読んでへん」
清 「もぉー
兎 「だって、暑いねんもん!」
清 「じゃぁ、クーラーつけて読んでくださいよー」
兎 「はよ帰りたいし・・・」
清 「じゃぁ、はよ帰ってクーラーつけて読んだら良いじゃないですかぁ!」
兎 「あー、ホンマ暑いなぁー
清 「ホラ、清サンの極秘アイテム・モアイのウチワを貸してあげますよ」
兎 「いらんっ!ケー●デンキのウチワがあるから(笑」
清 「いやいや、やっぱりここはモアイでしょ」
兎 「見せしめにクーラーの広告ついてんねんで、ムカつくわぁー
清 「やっぱりモアイの方が格好良いですよね
兎 「モアイの顔に鼻毛書いたるわ
清 「やめてくださいッ(笑」


そして、もう少しお話してから、「じゃぁ、明日までに読んでおいてくださいねっ「バイバーイってな会話をしてから、清は再び練習に向かいました。



ってな感じで、幸せ~な1日でした
久々にウサギくんに逢った感じがしますねッ
しかも、ちゃっかり明日も逢う約束したのでゎ・・・・

明日は、清たちの最後の舞台です。
ウサギくんも見に来てくれる(かも?)し、頑張ろう~

スポンサーサイト

テーマ:先生への想い - ジャンル:恋愛

恋愛録 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<最終日。 | ホーム | 総文!>>
コメント
え-!ええー!!
また漫画的シチュエーション!?笑
暗闇の中耳元でお互い様囁き合うなんて!!!!
きゃー☆やなあ(b'`*d))
ウサギくんは清ちゃんをからかうのが好きなんじゃない?
反応が可愛いから(愛*o'v`o♪+゚

んじゃじゃー★
----【2006/08/05 16:19】 URL | ちひろ #s3nrltr.[ 編集] ----
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://r411angel.blog39.fc2.com/tb.php/217-549c9144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。