初めて此処へ迷い込んでしまった方へ

はじめまして!! ようこそ、星天エゴイスト★(元・俺の力は無限大?)へw 人物名など、専門的な(?)用語があるので、 分からない時や困った時は、 こちらの総集編をご覧ください★       総集編の最終更新日は3月29日です。

ぷろふぃーる

清

Author:清
学校の先生を想い続けて約3年。

猪突猛進なエゴイスト王子(※♀)。



随時友達募集中(笑
コメント&メールも大歓迎~w


キリ番は踏んでも基本何もナイですw




カテゴリー

最近の記事

最近のらぶれたぁー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
たのしーこくご。

 メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此のシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿として迎える事になっていた。結婚式も間近かなのである。メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。先ず、その品々を買い集め、それから都の大路をぶらぶら歩いた。メロスには竹馬の友があった。セリヌンティウスである。今は此のシラクスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。歩いているうちにメロスは、まちの様子を怪しく思った。ひっそりしている。もう既に日も落ちて、まちの暗いのは当りまえだが、けれども、なんだか、夜のせいばかりでは無く、市全体が、やけに寂しい。のんきなメロスも、だんだん不安になって来た。路で逢った若い衆をつかまえて、何かあったのか、二年まえに此の市に来たときは、夜でも皆が歌をうたって、まちは賑やかであった筈だが、と質問した。若い衆は、首を振って答えなかった。しばらく歩いて老爺に逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。老爺は答えなかった。メロスは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。老爺は、あたりをはばかる低声で、わずか答えた。
「王様は、人を殺します。」
「なぜ殺すのだ。」
「悪心を抱いている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っては居りませぬ。」
「たくさんの人を殺したのか。」
「はい、はじめは王様の妹婿さまを。それから、御自身のお世嗣を。それから、妹さまを。それから、妹さまの御子さまを。それから、皇后さまを。それから、賢臣のアレキス様を。」
「おどろいた。国王は乱心か。」
「いいえ、乱心ではございませぬ。人を、信ずる事が出来ぬ、というのです。このごろは、臣下の心をも、お疑いになり、少しく派手な暮しをしている者には、人質ひとりずつ差し出すことを命じて居ります。御命令を拒めば十字架にかけられて、殺されます。きょうは、六人殺されました。」
 聞いて、メロスは激怒した。「呆れた王だ。生かして置けぬ。」
 メロスは、単純な男であった。買い物を、背負ったままで、のそのそ王城にはいって行った。たちまち彼は、巡邏の警吏に捕縛された。調べられて、メロスの懐中からは短剣が出て来たので、騒ぎが大きくなってしまった。メロスは、王の前に引き出された。
「この短刀で何をするつもりであったか。言え!」暴君ディオニスは静かに、けれども威厳を以て問いつめた。その王の顔は蒼白で、眉間の皺は、刻み込まれたように深かった。
「市を暴君の手から救うのだ。」とメロスは悪びれずに答えた。
「おまえがか?」王は、憫笑した。「仕方の無いやつじゃ。おまえには、わしの孤独がわからぬ。」



今日は、下校時刻過ぎてからずっと、KチャンとNチャン(総集編参照)が仔犬先生に現代文を教えてもらっているとこを見てました。
つか、仔犬先生、普段と性格違いすぎッ授業中、あんなのなのかなぁー??
何か、いつもと違いすぎて気持ち悪い・・・ってか、怖かった。
初めて奴が先生に見えました
いつもそーゆー風に話してくれれば良いのにさー。

でも、最後に話した走れ!メロスの話には、とても興味深いものでした。
帰り道でずっと考えていて出た答えが、もう一度読んでみたら、また解らなくなって。
それくらい、奥が深いのか、それとも、案外安易なのか。
これだから、現代文って難しいですね。
もし、清が太宰治氏だったら、きっと、仔犬くんが納得してくれた答えとは、まるっきり正反対なんだろうけど。


それはさておき。
今日は、放課後、N先生に用事があって図書室に行って、その帰り際に、偶然ウサギくんに出くわしましたぁ
清 「あっ、△△先生だぁー」
兎 「・・・・・」
清 「こんにちわぁー」
兎 「・・・・コホコホ(咳」
清 「先生、風邪ですか?」
兎 「・・・・・」
清 「無視っスかッ」
兎 「うん(笑」
ひどいですよねっ清が頑張って話しかけてるのにー
そして、今日のウサギくんとの会話はこれだけです。キッパリ。


・・・・・あれれ~?
清サン。ウサギくんにお土産渡すんじゃなかったのぉ~??

何でウサギくん、今日に限って帰るの早いんだよッいつもならあと30分は学校にいるくせにッ
しかも、ウサギくんの車の前に立ちはだかると、轢き殺されかけました。まぁ、清が車の前に立つとスピード上げるのは、いつものことですけどね
いいんだぁー。ウサギくんの運転姿、格好良いからぁー

・・・・・・明日こそは、渡します

スポンサーサイト

テーマ:先生への想い - ジャンル:恋愛

恋愛録 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ぷれぜんと ふぉー  | ホーム | 久々にw>>
コメント
ふりかけかけちゃえhttp://blog39.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
----【2007/01/30 22:46】 URL | りんご #SFo5/nok[ 編集] ----
ぉみやげ渡せてょかったね(http://blog39.fc2.com/image/icon/e/40.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">´艸`)http://blog39.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
ぃえーぃhttp://blog39.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
さっぷらぁいずhttp://blog39.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">http://blog39.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
----【2007/01/31 21:26】 URL | ぁわら #-[ 編集] ----
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://r411angel.blog39.fc2.com/tb.php/311-eb45a194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。