初めて此処へ迷い込んでしまった方へ

はじめまして!! ようこそ、星天エゴイスト★(元・俺の力は無限大?)へw 人物名など、専門的な(?)用語があるので、 分からない時や困った時は、 こちらの総集編をご覧ください★       総集編の最終更新日は3月29日です。

ぷろふぃーる

清

Author:清
学校の先生を想い続けて約3年。

猪突猛進なエゴイスト王子(※♀)。



随時友達募集中(笑
コメント&メールも大歓迎~w


キリ番は踏んでも基本何もナイですw




カテゴリー

最近の記事

最近のらぶれたぁー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
熟して落ちて、朽ちて逝く。


昔から、そう。
独りでいるのが好きだった。
独り、空を見上げながら歩くのが、何よりも好きだった。

「雲の流れが速いとき、電柱を下から見上げると、電柱が倒れてくるように見えへん?」

ふと、誰かが言っていたことを思い出した。

電柱を見上げる。
見えない。
より電柱の元へと近付く。
見えない。
視線を雲の流れへと向けてみる。
見えない。
電柱と雲に意識を向ける。
見えない。


視界の先を、一羽の鳶が横切った。

その向かう先には、もう一羽の鳶が、流れゆく雲の狭間の青を切り取るように、きれいな弧を描きながら浮かんでいた。


スポンサーサイト

テーマ:先生への想い - ジャンル:恋愛

心柄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ふと気付けばいつも隣で笑ってる 僕の心に咲く花 | ホーム | すぺしゃる・でぃ★2007>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://r411angel.blog39.fc2.com/tb.php/320-82b38d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。